女性が好むセックスの雰囲気・ムード作り6パターン

 

セックスする上で、雰囲気やムードはとても重要です。
どんな所でセックスするのが女性にとっては良いんでしょうか?

今回は女性が好むセックスの雰囲気・ムード作りの6パターンを紹介します。

 

【照明は暗めにしましょう】

照明は明るすぎると羞恥心の方が勝ってしまい、セックスに集中出来なくなっちゃいます。

なので、照明は相手が見えるほどの暗さにして少し大胆な気持ちになれる位の方が、気持ちの良いセックスが出来ます。

 

【シーツや掛け布団の質感にこだわる】

さらっとしたリネン記事などは肌触りが非常に良く、セックスの際直接肌に触れるのでとても心地良いのでおススメです。

彼が泊まりに来る等セックスするであろうと思われる日には、特別なシーツに変えるなどすると、特別感が出て雰囲気が変わるので彼にも伝わりやすくなり興奮度が増します。

 

【心地良い香りを漂わせる】

女性ならアロマやお香などに興味がある人も多いんじゃないかな?

二人きりでエッチな雰囲気を出したい時には、リラックス出来るような香りか催淫作用のあると言われる香りをチョイスして部屋に漂わせてみましょ。

リラックスに効果があるのは“ラベンダー”ですが、それだけでは香りが強く苦手な人も多いので柑橘系のサッパリしたものをブレンドすると安心感のある香りになりますよ。

リラックス効果とエッチな雰囲気を作るのに最も適しているのが“イランイラン”という香り。
“ローズ”の香りも高級感があり、特別な夜を演出するには向いています。

 

【特別な下着を用意する】

マンネリを感じたなら、下着にこだわってみてはどうでしょう?

普段清楚な下着を着ける事が多いのなら、たまには彼が驚くようなセクシーな下着を着けてみるべき。

いきなり赤や黒の下着というのはハードルが高いという人もいるので、白や水色でレースが多く使われているものや透け感の強いものをチョイスするのがおススメです。

そして、色の白い人に是非おススメしたいのがエメラルドグリーン等。

白い肌にとてもよく映え、気品を感じられる上に強い色では無いので彼に引かれる心配もなし。

 

【ほんの少しお酒を用意して】

ロマンチックな夜を演出したいなら、ワインやシャンパンなどお酒を少し用意するのがおススメ。
お酒を飲むと人は多少なり大胆になれるので、彼を誘う勇気が出ないという場合は非常に友好的ですよ。
でも、呑み過ぎて潰れないように気を付けて下さいね。

 

【ムードのある音楽をかける】

ジャズやクラシック等、二人の会話を邪魔しないような大人な音楽をチョイスしましょう。
彼の好きな音楽なんかもいいかもしれませんね。

 

最後に、これらは王道のパターンですが、基本的に相手にとってロマンチックな雰囲気を演出すれば良いですよ。

何をロマンチックだと思うのかは、その女性によりけりですので、それを実行する前にリサーチするなど、相手の好みを知っておくと女性が好む雰囲気やムードも作りやすくなります。

女性は雰囲気を重視しますので、上手に演出してあげましょう。


ufosabutton_009


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です