相手がSMの趣味を隠していました…どう対応したらいい…?

Q・相手がSMの趣味を隠していました。
それからなんとなくセックスを避けてしまっています。
SMというものに少し嫌悪感を抱いてしまい、どうして良いかわからなくなってしまっています…

SMといえばどんなイメージがありますか?
痛い、怖いといったマイナスイメージを持っている人が多いんじゃないかな。

そしてSMは変な性癖だと思っている人も少なからずいるんじゃないかと思います。

でも、SMプレイの中でもいろいろとプレイの種類はあるし、段階もライトなものからヘビーなものまでといろいろあるし幅広いの。

もし愛する人から「SMプレイがしたい(してみたい)」と言われたらどうすればいいでしょう。
まず、SMプレイにどんなものがあるのか知ってみるところから始めてみましょう。

「目隠しプレイ」 …ハンカチやバンダナで目を覆い隠しながらセックスするプレイ。

資格が不自由になると事で神経が集中し敏感になり、ノーマルセックスよりも強い快感が得られる。
ソフトSMむきなプレイ。

「言葉責め」 …基本的であり非常に効果的なプレイで少なからずノーマルなセックスでも用いられるテクニック。
好きな女性も多いです。

「視姦プレイ」 …羞恥プレイと呼ばれる相手を辱める事で快感を得るプレイ方法で、相手の痴態を凝視する事が基本で目隠しをしたり言葉責めをしたりとアレンジすると、する方もされる方も興奮する事が出来ます。

「焦らしプレイ」 …女性を極限まで焦らせるプレイ。

鳥の羽を使って肌を愛撫し続けたり、刺激のあるローションを膣やクリトリスに塗って放置する等快感が盛り上がり続ける事をするプレイ。
絶頂に達する事を我慢させるというノーマルなセックスでもあるようなプレイ方法です。

「スパンキング」 …手のひらや平たいものでお尻を打つという単純なもの。

四つん這いの状態やお尻を突き出して立たせたり、膝の上にお尻を乗せた状態で打つなどして行う。
このプレイは痛みに性的興奮を感じたり痛みを好む人には好まれますが、痛いのが苦手と言う人には敬遠されるプレイです。

「ストリップ」 …言葉の通り、男性の前でストリップ嬢のようにイヤラシイポーズを取りながら踊って見せる行為。

男性は自分が好みのポーズを女性に教えて見て興奮する等、気分を盛り上げるのに役立ちます。
マンネリのカップルには良い刺激になるかもしれません。

「剃毛プレイ」 …女性の陰部の毛をすべて剃ってしまういわゆる「パイパン」にしてしまうプレイ。

剃る事を楽しむ人もいるけど、ロリコンの気がある男性に関しては無毛嗜好として見て楽しむという人も。
陰毛が無くなると性器が丸見えになるので、それにより羞恥心を抱くのでそれを楽しむ人もいます。

「放置プレイ」 …SMの関係においてM(マゾヒスト)の人を縄や拘束具を付けた状態で長時間放置するプレイ。

誰もいない場所に放置しておくという方法が一般的だけど、S(サド)が同じ空間にいながらもMをいないものとして無視して別の行動をするというプレイもある。
長時間同じ体勢でいる事の身体的苦痛と、誰も助けてくれないという精神的苦痛を性的快楽として受け入れられる人が好む。
SMプレイの中でもハードルの高いもので、屈辱を好む性癖を持つ女性向き。

「強制オナニー」 …強制的に人前でオナニーをする事を女性に強いる羞恥プレイ。

相互オナニー等も含まれます。
基本一人で行うオナニーを人に見られながらする事で恥ずかしさと快感を得るというプレイになります。
知らない人の前で行うのはハードルが高いですが、パートナーの前で二人で行うのならば行い易いプレイでしょう。
ノーマルなセックスの中でも取り入れる事が可能。

「くすぐりプレイ」 …相手を無理やりくすぐり、強制的に肉体的精神的苦痛を与えるプレイ。

男性が女性にするのみではなく、女性が男性にしたいと考えているという願望も多く聞かれます。
私も彼にたまにします…
指以外にも、鳥の羽や筆などでソフトタッチに責める方法もあります。

「女体盛り」 …男性の憧れとしてもよく聞かれますが、女性の肉体を皿に見立てて料理を盛り付けそれを食べるというプレイ。

古くからあるプレイですが、よく見られるのは刺身。
足を閉じさせ、陰毛部分に酒をついで呑む「わかめ酒」等の楽しみ方もある。
箸先で乳首やクリトリスを刺激する事で女性は興奮を感じる事が出来る。

「おもらしプレイ」 …言葉の通り、意図的におもらしをするプレイ。

排泄、排便を人の前で行う事で、羞恥と精神的苦痛を味わう事で興奮を得る事が出来ます。
見る側は、排泄そのものよりも限界を感じてもらしてしまうというその姿を見る事に興奮するよう。
トイレやお風呂で行えば、ノーマルなセックスよりハードルは上がりますがやれなくはないプレイです。

「豚鼻責め」 …特殊なフックを使い、女性の鼻にひっかけて持ち上げる事で豚のような鼻の形状になるので、その姿に惨めさを感じさせる事で興奮を得るプレイ。

される側も辱めを受ける事で興奮を得る事が出来ます。
比較的自分は他の女性よりも美人だと思っている女性に行うとより効果的と言われています。

「鞭打ち」 …昔、刑罰として主流だった鞭打ちは、ただ行うだけではただの暴力になってしまいます。

何か指示に従わなかった相手に対して、きちんと理由を伝えて鞭打ちをする事。
相手の合意がない場合は避ける事が重要ですが、M(マゾヒスト)の要望をすべて飲む事は避ける事。

「緊縛プレイ」 …SMプレイの代表格といっても過言ではないでしょう。

緊縛術と呼ばれる様々な縛り方は幅広く、この分野を中心に行う人を「緊縛師」と呼ぶそう。
プロの緊縛師のよるものは非常に芸術的とも言えるほど芸術性が高い。

麻縄を使うのが主流ですが、7mm7mというのが一般的な縄で、初心者にも出来る縛り方もあるので慣れてから次のステップに進んで行くと良いでしょう。

縛った状態で放置プレイやくすぐりプレイ等、様々なプレイに応用する事が出来るSMの基本中の基本と言えます。

「蝋燭責め」 …SMというとこのプレイを想像する人も多いんじゃないかな?

SがMを緊縛して、赤い蝋燭の蝋を体中に落としていくプレイ。

ですがこの蝋燭、きちんとSM用のものがありそれは低温になっているので耐えられるような温度になっていますが、通常の蝋燭だと火傷してしまう可能性もあるので、やってみたいと思うのならSM用の蝋燭をきちんと用意して行うようにしましょう。

「熱い」と悶え苦しむ様を楽しむ事が出来るのと、M側は痛みを与えられることで恍惚感を味わう事が出来ます。
真っ赤な蝋が血のようにも見えるので、残虐的なビジュアルも楽しめる。

他にもまだありますが、非常に危険なプレイ等もあるのでまずノーマルなセックスからでも導入しやすいプレイから始めてみるといいんじゃないかな。

恐怖心があると快感を感じられなかったりするので、まずは慣れる事から始めるのがおススメ。

相手とよく相談して、自分が出来そうなプレイを一緒に出来るようにしていくと少しずつ溝が埋まっていく事でしょう。

SMが好みだという人の中には、本当にそういったプレイしか出来ない人もいますがノーマルなセックスが全くできないわけじゃないの。

だから、よく話し合うこと。
自分が譲れるところは譲って少しずつ踏み出してあげる事も大切だよ。

でも自分が嫌な部分は相手に伝えて、そのプレイは控えて貰うように話し合いましょう。
良いセックスを楽しむためには、お互いのことを考えながらする事が一番大切なんですから。

SMプレイはセックスにマンネリを感じた時にも非常に効果的。
ちょっと変わったセックスがしたいと思ったら、軽いものにチャレンジしてみるのもありですよ。


ufosabutton_009


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です