愛液が多すぎて困っています…どうすればいい?

Q・愛液が多すぎて困っています。
淫乱だと思われたくないし、はずかしいです。

愛液は女性が性的に興奮すると膣内から自然と分泌されるもの。

人によって量の違いはありますが、基本的にはそうなんです。

大好きな人と抱き合ったりキスをしたりすると溢れて来るように濡れて来るのを感じるはず。

これはきわめて普通のことで、前戯が始まる前のエッチな雰囲気だけでも興奮して濡れてくる事があります。

この状態は男性にもあります。

それは“我慢汁”が出ている状態の時と同じ。

愛液の量は個人差で違いますので、凄く興奮しているから大量出る、興奮してないから濡れない、というものでもありません。

人によって、少し湿ったかな?位の人もいれば、シーツに落ちるほど濡れてしまうという人もいます。

しかし、愛液がほとんど分泌されない、何かの原因があって分泌されないという症状は“性交渉困難症”という病気になってセックスをする時に非常に痛みを感じる様になっちゃいます。

そしてこの時、潤いが無いので挿入している男性も痛みを感じる様になります。

自律神経からの影響で性的に興奮している時以外にも濡れちゃう事があるし、女性は月経の関係でホルモンバランスの周期によっても分泌量が増えたり減ったりするんです。

だから愛液の多い少ないで興奮の度合いを推し測ったり、それによって淫乱だと決めつけたりするのは乱暴というもの。

愛液が少ないからと言ってセックスに興味がないというわけでも興奮していないという事でも無いんです。

女性はレイプや嫌いな男性とセックスをしないといけないという状況でも、時に濡れる事があるんです。

これは自らの体を守ろうと防御本能が働いているという場合なんです。

だから、無理やりな乱暴なセックスをされた時でも濡れてしまった、いうのはそういう理由。

愛液がよく出るという事はセックスにおいてとても良い事なので、恥ずかしがる事はありませんよ。

セックスする時にベッドが汚れたりする事が気になるなら、タオルを敷いてプレイする等工夫してセックスする事をおススメします。

男性は、よく濡れる女性がとても好きなんです。

いくら濡れている濡れていないが興奮と関係が無いとしても、ビジュアルでダイレクトに訴えかけて来るその淫靡な反応に、言いようもなく彼は興奮してしまうんです。

なので、自信を持ってセックスを楽しんで下さい。
痛みを感じながらするセックスよりも、温かく滑りの良いセックスの方が彼はとても好きなはずですよ。


ufosabutton_009


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です